今日、HEY3で、佐野元春の歌「国のための準備」を聞きました。
この、シンプルな歌詞は、気づいていない人や、無関心な人たちに警告を鳴らしています。
ゼロから十まで説明して、だからこうしようというのではなく、聴いた人がこれだけでも気づくだろうと信じているのではないかと思いました。
なにより、とてもかっこいいと思いました。
本当にかっこいい音楽って、こういう曲だと思いました。

今の、この崖っぷちの時代に、私は明るいのーてんきな恋の歌とかラップとか聴いても不安になるだけです。
こういうメッセージ性の強い曲をつくる人をとても尊敬します。
音楽だからこそ伝わるものがあるんだと思いました。

佐野元春は、9・11から曲が作れなくなったそうです。
私も9・11、イラク戦争などからずっと心に深い影がさし、あせり、精神的に不安定になってます。
でも、私も、ただふさぎこむだけでなく、後悔しないために、いろんなかたちで警告を鳴らしていきたいです。