憲法

できることから…9条情報 3 カンパとグッズ

内容も濃くて、充実しているページマガジン9条に、少しでも役に立てればとわずかながらカンパしました。
(一口1000円)
そしたら、お礼状と9条シールが数枚送られてきました。
カラフルでデザインもとてもかわいいです!
封筒に貼ったり、シールで、9条をアピールするのにいいみたいです。
※残念ながら、カンパしてシールもらえるのは、もう終了したみたいです。

ちなみに9条オリジナルエコバックもあるらしく、
これはほしいひとは希望メールを出してから、カンパ2口2000円すると
もらえるそうです。

あと、無料ダウンロードできる、年賀状とお年玉ポチ袋でアピールというのも
あります。

・マガジン9条キャラクターキュウちゃんの年賀状
かわいくてインパクトあります!


・いのししのシンプルな年賀状とポチ袋

シンプルでかわいいいのししデザイン。
さりげなくしっぽが9のいのししです。

どれもマガジン9条のアドレスがのってます。
関心ない人にも視覚でアピールするのにグッズは有効かも。

そして、自分でつくってもいいかも。
オリジナルの9条グッズ。

とにかくアピール。
できることは微々たることしかないけれど、
まずは関心をもつこと、知ることが大事だと思います。
無関心でいたら、いつのまにか憲法9条改正して、軍隊オッケー戦争オッケーな国になってたなんていやですよね。

衆・参議院を改憲法案が簡単にスルーしそうないま、
無関心な国民が多いと、もしかしたら国民投票もスルーしてしまって
憲法9条改憲してしまいそうでこわいです。
関心ある人が少しでも増えることが大切だとおもいます。

ニワトリ人気blogランキングに、
よろしかったらクリック1票お願いします。

人気blogランキング このブログに一票!

できることから…9条情報 2 映画DVD

このまえこちらの記事でちょこっと紹介した
映画 日本国憲法のDVD、ビデオがネット販売されているようです。

DVD、ビデオ販売詳細ページ(映画日本国憲法HP内)

日本語字幕版のお値段は
DVD: ¥2,800(税込)
VHS: ¥4,500(税込)
ということで、 DVDがわりとお手ごろ価格です。
私もそのうち買いたいと思います。
小さな子どもがいても、お家でみれるからいいですね。

ニワトリ人気blogランキングに、
よろしかったらクリック1票お願いします。

人気blogランキング このブログに一票!


できることから…9条情報 1 ブックス

とりあえず、9条関連の気になる本を紹介します。

すいません、まだ読んでいませんが、立ち読みは少ししました。
そのうちお金あるときに買いたいです;

ご存知かもしれませんが、
マガジン9条から最近本が出ました!

みんなの9条
『マガジン9条』編集部/編  集英社新書 

いろんな人が9条について語ってます。
今こそ読みたい本です。

それと、同じ集英社新書から

憲法九条を世界遺産に
太田光/著 中沢新一/著 集英社新書

という本が出ています。
こちらは爆笑問題の太田さんと、宗教学者の中沢新一さんの対談になってます。
ちょっと立ち読みしたけど、なかなかいいことが読みやすく書かれていて、
たくさんの若者によんでほしい本と思いました。

ニワトリ人気blogランキングに、
よろしかったらクリック1票お願いします。

人気blogランキング このブログに一票!

通販生活の「憲法9条大論争」の感想

前回ご紹介した通販生活の「憲法9条大論争」を読んで、
私なりにつたない感想と、憲法に対して思ったことを書きたいと思います。

双方の意見には、それぞれ、そうだよなー(そうかもなー)と思う部分や、理論的には正しいことのように聞こえるけど、でも実際(現実には)はどうなんだろう?と思うこともありました。
私にとっては、井上ひさしさんの発言に納得したり共感したり、ためになるところが多かったですが。

もしかしたら完全に100パーセント正しい答えというのは、みつからないのかもしれません。でも、ある程度正しい方向というのはあるのでしょう。
だからこそ、いろんな角度からひとごとではなく、世界や日本、自分や自分の周りの人たちの問題としても、それぞれがじっくりみつめていくことが大切なのではないかと感じました。

少なくとも、私が今誇れるのは、武器をほとんど持たない「平和な国」、憲法九条という貴重な「平和憲法」を持った日本です。
60年間直接的には戦争をしてこなかった、「戦争を放棄してきた」日本です。
そしてこれからは「軍縮・核縮・核廃絶」を掲げていく日本です。

決して、「自衛軍」(一部の改憲派は、自衛隊をこれからは「軍」と位置付けたいようですね)や、他の国もしているからと言って、必要最低限とはいっても実際どのくらいかわからない(場合によってはどんどん増えていくかもしれない)、「軍事力」を持とうとする日本では、ありません。

そもそも、中途半端な軍事力をもったからって他国に発言権を持てるようになるわけでも、アメリカから自立できるとも思えないし、むしろ他国から敵視・危険視されてしまうと思います。
また、集団自衛権を明記などして、戦争に参加できるように憲法を変えてしまったほうが、戦争に巻き込まれたり、他国(とくにアメリカに)利用されてしまう可能性が高まるのでは?と、かえって不安に思います。

また、この改憲派の方は、憲法に国柄や伝統を取り入れるべきとおっしゃっていますが、それは本当に必要あるんでしょうか?
そもそも憲法は、国民からの、政府への命令です。
私には無理に国柄などを入れる必要性をあまり感じられません。
それに今の憲法には、「平和を愛し強く求める日本の国柄」が、
もう十分シンプルかつ分かりやすくかかれています。一目見ただけで、「あ、これは平和を求めている日本の憲法だな」ってわかるようになる可能性や素質が十分ある憲法だと思います。

本当に大切なものは、とても手に入りにくいものです。
憲法九条は、日本は多くの人たちの尊い命の犠牲の取り返しのつかない被害のあった太平洋戦争の敗戦でやっと手に入れた大切な貴重な平和憲法です。
失ってから気づくのでは遅すぎます。
そして失って後悔してからまた手に入れようとしても、また手に入れるのは本当に難しいことになると思います。
同じ過ちは二度と繰り返したくありません。

いのちというものの大切さを忘れず、大切な人を本当の意味で「守る」と言うのは、私はやっぱり、井上ひさしさんのおっしゃるような「戦争をしない・戦争をするのを防ぐ」ということだと思います。

最後に…

私の思ったことばかり書いてしまい、本文の内容が少なくなってしまいました。
井上ひさしさんの発言には、実際に第二次世界大戦などで無防備都市宣言をした国(パリとローマ)が、ナチスドイツに攻撃されなかったことなどもあり、とてもためになりました。


ニワトリ人気blogランキングに、登録してみました。
よろしかったらクリックお願いします。

banner_02.gif

今回の通販生活の特集は「憲法9条大論争」

2005年夏号の『通販生活』の特集は、憲法9条についての対談(9条護憲派 井上ひさしさん×9条改憲派 保岡興治さんの対談)だったので、この前本屋さんで見かけて思わず買いました。
通販生活ははじめて買いましたが、通販ページ以外も読み応えがあるんですね。
しかも、とても安くて180円です。

前回書いた、パリ不戦条約のことも少しですが注釈に載っていました。
9条改憲&護憲の両方の意見がのっているから、どんな人でも、客観的によめるのではないでしょうか。
また、憲法についていろいろ考えさせられるきっかけになるのではないでしょうか。

この本に載っている他の記事も、読み応えありそうです。
「日本の国連理事国入りが是が非か」(これはまだ読んでいないですけど)、「アーティストたちに聞く9条」、「憲法九条をめぐる国民投票の問題点」などがのってます。
この他にもいろいろと面白い記事もありました。

【追記】6・18 「憲法九条大論争」の感想を書きました。


ニワトリ人気blogランキングに、登録してみました。
よろしかったらクリックお願いします。

banner_04.gif
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ