書くのが遅くなってしまいましたが、
終戦記念日、やっぱり小泉首相は靖国参拝しましたね。

8月15日に日本の首相が参拝するのは、中曽根元首相以来21年ぶりだそうですが、その中曽根氏でさえ、今では、「小泉首相は公約も守って自分はそれで満足かもしれないけど、でもそれだけではなく、首相の立場としてもっと深く考えて行動えないと…」というようなことをニュースで言って批判していました。(少々言い方は違うかもしれないけど、たしかそんな感じでした。)


首相靖国参拝:「公約にすべきでない」中曽根氏が批判 
毎日新聞 2006年8月15日


↑こちらの記事でも批判しています。
(以下引用)

「総裁選の際にこういう問題を公約すべきではない。総理・総裁という立場に私的参拝はない」と語り、「8・15参拝」を公約にした小泉純一郎首相の姿勢を厳しく批判した。

 また、中曽根氏は「公約に対する首相の誠意は評価するが、公約自体がいいか悪いかという根本問題は新しく考えないといけない。新首相はこういう問題を公約すべきでない」と述べた。


(以上引用)

とのこと。
本当に、一体何のための公約なのでしょうか?
もし安部氏が首相になったらまた同じことを繰り返すつもりでしょうか?

今後簡単に首相の独断で参拝をさせない国にするためには、
終戦記念日に小泉首相が靖国参拝したことについて、
今こそ裁判ではっきり違憲と判決を下すべきではないでしょうか。


今回詳しくは書きませんが、終戦記念日の前日NHKでやっていた番組は、とてもためになりました。これについては、そのうちかけたら書きたいです。


NHKスペシャル 日本は歴史にどう向き合えばいいのか


ニワトリ人気blogランキングに、
よろしかったらクリック1票お願いします。

人気blogランキング このブログに一票!