2005年09月

答えられないブッシュ

「反戦の母」シーハンさん、米ホワイトハウス近くで逮捕される
2005年 09月 27日 火曜日 13:32 JST (ワシントン 26日 ロイター)


米テキサス州にあるブッシュ大統領の私邸近くで野営を張り、戦争反対を訴えたことで知られる戦死兵の母シンディー・シーハンさんが、ホワイトハウス近くで座り込み中、警察の退去
命令に従わなかったとして逮捕されたそうです。

シーハンさんがブッシュ大統領に聞きたかった質問はただひとつ。
「私の息子が死ぬことになった高貴な理由とは何ですか?」だそうです。

「反戦の母」シンディ・シーハンのメッセージ
2005/8/29


それだけの質問にさえ答えられえないブッシュは逃げ続け、しかもなぜか逮捕だなんて…。
なんだかとても卑怯な感じがします。

答えられないのは、ほんとは、シーハンさんの息子さんがイラクで死ぬ理由なんてなかったからではないですか。
イラク戦争は、本当は大義がなく意味のない、「理由のない」戦争だったからじゃないですか。
大量破壊兵器も見つからなかったし、たくさんのイラク人も殺された。たくさんのアメリカ兵も殺された。
イラク国内でのテロはますます酷くなった。
だから答えられないのではないですか。

ブッシュは、間接的に大量殺人を行ったのではないでしょうか。
そしてそれを支持した日本の小泉首相も共犯なのではないでしょうか。

シーハンさんは、メッセージのなかで、こう言っています。

この質問への答えが私の息子を生き返らせることは有りません。でも、これ以上の無意味な死を止めるかもしれません。なぜなら、今やどの死も無意味だからです。そして私たちの国の大半がそのことを知っています。それならなぜ、若い男女がさらに死ぬ必要があるのでしょうか?なぜさらに多くの親たちが子どもを失い、残りの人生を耐えられない悲しみの中で生きていかなくてはならないのでしょうか?

シーハンさんの行動や発言に私は共感します。そして心の中で応援します。
多分シーハンさんは、今回の逮捕くらいでは、あきらめないでしょう。
シーハンさんの心の内はわかりませんが、笑顔で逮捕されたそうです。
ブッシュにきちんと答えてもらうまで、粘り続けるのではないかと思ってます。


ニワトリ人気blogランキングに、登録してみました。
よろしかったらクリック1票お願いします。

banner_02.gif

茶色の朝が訪れないように

マガジン9条に、
東京都の国立市長の上原公子さんのインタビューが載っていました。

とてもわかりやすく、「茶色の朝」という本の紹介・解説や、全体主義や民主主義についてのことをおっしゃっていたので、以下に少し抜粋させていただきます。


全体主義というのはヒトラーもそうだったけど、いまからみんなを制圧するとか、弾圧するなんて絶対に言ってはきません。
民主主義の手続きをちゃんと踏みながら、気がついたら全体主義に入っているのです。
そしてそこに手を貸すのは「私たちみんな」。

だからおかしいと思ったら、きちんと言い続けて打ち消していかないと、抵抗することを怠慢にやり過ごしていると、いつの間にか自分の自由が拘束されてしまうのです。

(略)

「民主主義というのは多数決でもあるから、必ずしも正しい選択をするとは限らない。ときには間違った選択をすることもある。けれども、民主主義が確実に主権者の国民の手に握られている限り、修正は可能だ」
と。そこに私は希望を持ちたいと思います。

今回の選挙は、このような結果が出てしまったけれど、きちんと国民が見続けていけば、次のときには変えることができます。
「変えられる」ということはすごく大事なことで、この権利を主権者として行使しなければいけません。だから落胆はしましたが、希望は決して捨てていません。
私たちには変えられる力がある。憲法改定について言えば、もう国民投票法の制定はもちろんのこと、9条改定の発議もできる状況になってしまいましたが、
私たちは学習し続けて、おかしなことには、黙っていてはいけない。ウオッチして言い続けていれば、法案を出す側に対してもプレッシャーをかけることができます。
「私たちはちゃんと知っていますよ、おかしいことはおかしいと言いますよ、次にちゃんとあなたたちがやらなければ選挙で落としますよ」と。
選ぶのは主権者である私たちということを、忘れないでいきたいと思います。


黙っていたら、いつのまにか、おかしなことになるかもしれない。
おかしな方向や、戦争に向かう時はいつも、政府が初めはもっともらしいことを言って、もっともらしい法案を作って、国民をなんとなく説得させることから始めるのですよね。
日本でも、過去の戦争の前ってそういう流れのことが多かったですよね。
やはり、これからもウォッチし続け、声を出し続けることを続けていこうと思いました。
(とりあえずははブログや、機会があればピースウォークなりで。)

上原市長が言うように、私たちがおかしいことを見抜いたり、疑問を投げかけたりする姿勢を忘れなければ、政府もおかしなことをそう簡単にはできないはずです。
そして、「ちゃんとやらなければ、次は落としますよ」と言うプレッシャーを与え続ければおかしなことはしないどころか、国民の期待になるべく添うようなことをしようとしてくれるはずですよね。

そして、これからほんとにおかしなことをしたり、しようとしたら、次は絶対選ばない。
国民だって馬鹿じゃないはず…と信じたいです。
(すでに今までもおかしなことはいろいろしているとは思うのですが。)

絶望感を抱えてすごしていましたが、上原市長の文章に、とても励まされました。
まだ希望はあるはず。
上原市長のような人がいてくれる限り、私は希望をもち続けます。

上原市長も紹介されていた「茶色の朝」という本は、日本人にこそ読んでほしいです。
日本国民って、多少おかしくてもあまり声を出そうとしないですよね。
なんとかなるはず、とか、むしろ声に出して周りに変に思われるんじゃないかとか、目をつけられるんじゃないかって。なるべく周りととあわせて、多数派にまぎれて目立たないでいようとする。弱いんですよね。私もそうだけど。
多少変だと思っても、上がそういうなら従ういい子でいようとする人が多い気がします。

でもそういう姿勢だとどうなるのか、この本には鮮明に書かれている気がします。
なにもせずに、黙って見ていて、最終的に「騙された」って後悔しても遅いのです。
日本に、近い将来、茶色の朝がこないように願うばかりです。

【言い訳】
ちょっと風邪で熱っぽいので、いつもより文章がややきついところがある気がしますがお許しください。


ニワトリ人気blogランキングに、登録してみました。
よろしかったらクリック1票お願いします。

banner_04.gif

だまされる国民たち

今回の選挙結果を見てかなり憂鬱になりました。
これから一体日本はどうなっていくんでしょうか。

シンプルでわかりやすい言葉に惹かれる人が多かったのか、自民圧勝でしたね。
郵政民営化でどこがどうよくなるのかなんてわからないけど、小泉首相ならなんとかよくしてくれるんじゃないの?って感じで入れた人が多いのでしょうか。

「改革」という言葉やイメージ戦略に弱い国民が多いのでしょうか。
(そういえば以前も、「構造改革」と叫ぶ小泉首相は選挙で支持されましたものね。
でも実際の中身はどうだったでしょうか。)

でも、待っているのは郵政民営化だけではないでしょう。
明るい未来でも多分ないでしょうね。

衆議院で与党が2/3を占めてしまった今、政府に都合のいい法案や改憲案もらくらく通るようになってしまいました。
自民党は改憲派がほとんどだそうです。近い将来、改憲されてしまうんじゃないだろうかと本気で不安になります。
さっそく今日の毎日新聞にも「新議員84%が改憲派」と一面に載っていました。
「衆議院で大勝した自民党は結党50年を迎える11月までに党の新憲法草案を策定する方針」だそうです。憲法改正が現実味を増してきてしまいました。

現段階の自民党改憲案は、繰り返し書きますが、自衛隊を自衛軍という軍隊として位置付けて、海外での武力行使を容認するものです。
国際貢献という名目でアメリカの戦争に協力したり、巻きこまれたり、テロに狙われやすい国になっていくかもしれません。

そのうち、戦争なんだから協力しないと非国民と言われたり、徴兵制も復活してもおかしくないかもしれませんね。
政府に都合の悪いこともネットやなんかに書けなくなる日も近いかもしれませんね。

そうなってから自民党に入れた国民は「なんかおかしい、だまされたのか?」と気づくのでしょうか。
それとも、まただまされ続けるのでしょうか?

憲法改正には最終的に国民投票で決まりますが、
「われわれの手で新しい憲法を作ろう!」というようなフレーズに踊らされ、また新しいもの好きの国民たちは騙されるのでしょうか?

今日の新聞によると、政府はテロ対策措置法の改正案を21日の特別国会に提出する方針を固めたとのことで、今年11月に撤退予定だった、イラクのサマワの自衛隊もあと2年延長されそうです。イラク復興だけでなく、まだアメリカの軍事後方支援も続くようです。
これも今後どうなるのかとても不安です。

とりあえず、口封じされる世の中になってしまうまでは、ブログに書き続けるしかないのかなと思います。
もうこんな国、できることなら逃げ出したい気分ですが。
今回はかなりネガティブな記事ですいません。
でもなんとなかるさと楽観視できるような世の中ではなくなってきてしまったように思えてなりません。

だまされにくい国民が増えるには一体どうしたらいいのでしょうか。
とりあえず、だまされにくいブロガーさんも沢山いらっしゃるようなので、まだ少し希望があります。

ニワトリ人気blogランキングに、登録してみました。
よろしかったらクリック1票お願いします。

banner_03.gif

郵政民営化一本でいくということは。

郵政民営化一本でいくということは、
派手で、シンプルで、わかりやすい売り込みかたかもしれないけれど、
つまり、「それしか国民に対する売りがない」ということですよね。
(シンプルだけど説明不足で、民営化のどこがいいのかは国民にはあまり伝わっていないようにも思いますが。)
国民のことを本当に考えているといえるのでしょうか。
国民はこれでだまされると思っているのでしょうか。

しかも、これからも自民党に政治を任せたら、
戦争できる国、戦争の可能性のある国へと少しずつ導かれていくと思います。
少なくとも、何か事情や名目さえあれば戦争も辞さない姿勢の国になると思います。
まさか、とお思いかもしれませんが、現に、少しずつここ数年で
導かれつつあるのではないでしょうか。
今までの動きを見ても明らかです。

・まるで戦前・戦中のような愛国心、国旗、君が代国歌の強制。
・有事法制の制定(有事とは戦争やテロのことです)。
 さらに、有事法制のなかの国民保護法は、戦争の際、国民の協力を強制するもの。
・第二次世界大戦のA級戦犯がまつられている靖国を首相が参拝。
 これによりアジアなどの外交のこじれ国益のためにならないにもかかわらず。
・平和憲法を変えようとしている。
 戦争は放棄するのは変えないといいつつ、自衛隊を自衛軍と位置付け、
 海外での武力行使も可能とする自民党憲法改正案。
・アメリカ追従で、国益のためといって、大儀も大量破壊兵器の証拠もなく沢山の罪のない人 たちが殺されたイラク戦争を支持。
 これによりテロに標的にされる可能性も増えたと思われる。
・イラクでの日本人人質事件のときも「テロに屈しない」とすぐに答え国民を見殺しにした首相。
 人ごとと思った人も多いのかもしれないが、こういう国民のいのちを優先しない人が上に立
つということはいずれ戦争も辞さないと言い出す可能性が大きいと思う。
・イラクのサマワに自衛隊派遣。
 人道支援というが、実際アメリカの軍事後方支援もしている。
 違憲かもしれないのにかなり強引。
 非戦闘地域といいつつ武器をもっていくのはなぜなのか。
 サマワで自衛隊をねらう着弾事件なども相次いでいる。非戦闘地域とはいえないのでは。
 自衛隊に何かあったらどうするのだろう。
 さらに、もし万一自衛隊が自衛のためにせよ、人殺しをしてしまったらどうするのだろう。
・防衛の名目で軍事費の拡大。
 テロや北朝鮮の脅威のためMDと言う何億もするミサイルをアメリカから購入。

など。少しあげてもこれだけあります。
それでも目先のパフォーマンスにだまされて
あとから「しまった」と思い手遅れにならないといいと思う。
第二次世界大戦後の国民が「だまされた」と言ったときのように。

また、以前、森前首相の「無党派は寝ててほしい」と言った言葉は、
選挙に行かないと言うこと、棄権票や白紙票を出すと言うことは与党にとっていかに都合が良いものかよく表していると思います。

多くの人が選挙に行くことを願います。
そして、これからの自分のため、家族のため、子どものため、日本の将来のためなど、
じっくり考えて票を入れてほしいと思います。


ニワトリ人気blogランキングに、登録してみました。
よろしかったらクリック1票お願いします。

banner_02.gif

政治資金流用疑惑はどうなったの?

そういえば、以前の記事にも書きましたが、
昨年10月に騒がれた、
小泉首相の政治資金流用疑惑
は、一体どうなったんでしょうか?
結局うやむやな気がするんですけど、
そのままにしてていいものなんでしょうか。
もしこれが本当だったなら、許されるものではないし、
選挙にもかなり大きく関わってくると思うのですが…。
今こそしっかりつっこんで調べるべきでは?

ニワトリ人気blogランキングに、登録してみました。
よろしかったらクリック1票お願いします。

banner_02.gif
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ