2005年06月

通販生活の「憲法9条大論争」の感想

前回ご紹介した通販生活の「憲法9条大論争」を読んで、
私なりにつたない感想と、憲法に対して思ったことを書きたいと思います。

双方の意見には、それぞれ、そうだよなー(そうかもなー)と思う部分や、理論的には正しいことのように聞こえるけど、でも実際(現実には)はどうなんだろう?と思うこともありました。
私にとっては、井上ひさしさんの発言に納得したり共感したり、ためになるところが多かったですが。

もしかしたら完全に100パーセント正しい答えというのは、みつからないのかもしれません。でも、ある程度正しい方向というのはあるのでしょう。
だからこそ、いろんな角度からひとごとではなく、世界や日本、自分や自分の周りの人たちの問題としても、それぞれがじっくりみつめていくことが大切なのではないかと感じました。

少なくとも、私が今誇れるのは、武器をほとんど持たない「平和な国」、憲法九条という貴重な「平和憲法」を持った日本です。
60年間直接的には戦争をしてこなかった、「戦争を放棄してきた」日本です。
そしてこれからは「軍縮・核縮・核廃絶」を掲げていく日本です。

決して、「自衛軍」(一部の改憲派は、自衛隊をこれからは「軍」と位置付けたいようですね)や、他の国もしているからと言って、必要最低限とはいっても実際どのくらいかわからない(場合によってはどんどん増えていくかもしれない)、「軍事力」を持とうとする日本では、ありません。

そもそも、中途半端な軍事力をもったからって他国に発言権を持てるようになるわけでも、アメリカから自立できるとも思えないし、むしろ他国から敵視・危険視されてしまうと思います。
また、集団自衛権を明記などして、戦争に参加できるように憲法を変えてしまったほうが、戦争に巻き込まれたり、他国(とくにアメリカに)利用されてしまう可能性が高まるのでは?と、かえって不安に思います。

また、この改憲派の方は、憲法に国柄や伝統を取り入れるべきとおっしゃっていますが、それは本当に必要あるんでしょうか?
そもそも憲法は、国民からの、政府への命令です。
私には無理に国柄などを入れる必要性をあまり感じられません。
それに今の憲法には、「平和を愛し強く求める日本の国柄」が、
もう十分シンプルかつ分かりやすくかかれています。一目見ただけで、「あ、これは平和を求めている日本の憲法だな」ってわかるようになる可能性や素質が十分ある憲法だと思います。

本当に大切なものは、とても手に入りにくいものです。
憲法九条は、日本は多くの人たちの尊い命の犠牲の取り返しのつかない被害のあった太平洋戦争の敗戦でやっと手に入れた大切な貴重な平和憲法です。
失ってから気づくのでは遅すぎます。
そして失って後悔してからまた手に入れようとしても、また手に入れるのは本当に難しいことになると思います。
同じ過ちは二度と繰り返したくありません。

いのちというものの大切さを忘れず、大切な人を本当の意味で「守る」と言うのは、私はやっぱり、井上ひさしさんのおっしゃるような「戦争をしない・戦争をするのを防ぐ」ということだと思います。

最後に…

私の思ったことばかり書いてしまい、本文の内容が少なくなってしまいました。
井上ひさしさんの発言には、実際に第二次世界大戦などで無防備都市宣言をした国(パリとローマ)が、ナチスドイツに攻撃されなかったことなどもあり、とてもためになりました。


ニワトリ人気blogランキングに、登録してみました。
よろしかったらクリックお願いします。

banner_02.gif

今回の通販生活の特集は「憲法9条大論争」

2005年夏号の『通販生活』の特集は、憲法9条についての対談(9条護憲派 井上ひさしさん×9条改憲派 保岡興治さんの対談)だったので、この前本屋さんで見かけて思わず買いました。
通販生活ははじめて買いましたが、通販ページ以外も読み応えがあるんですね。
しかも、とても安くて180円です。

前回書いた、パリ不戦条約のことも少しですが注釈に載っていました。
9条改憲&護憲の両方の意見がのっているから、どんな人でも、客観的によめるのではないでしょうか。
また、憲法についていろいろ考えさせられるきっかけになるのではないでしょうか。

この本に載っている他の記事も、読み応えありそうです。
「日本の国連理事国入りが是が非か」(これはまだ読んでいないですけど)、「アーティストたちに聞く9条」、「憲法九条をめぐる国民投票の問題点」などがのってます。
この他にもいろいろと面白い記事もありました。

【追記】6・18 「憲法九条大論争」の感想を書きました。


ニワトリ人気blogランキングに、登録してみました。
よろしかったらクリックお願いします。

banner_04.gif

上田市長と"おしゃべり"しませんか?in 北大祭

昨日、「上田市長と"おしゃべり"しませんか?in 北大祭」に、行ってきました。
札幌市長の上田文雄市長が北大に来てくれました。
北大生も、一般の方も参加できる企画でした。(もちろん無料)

客数はそんなに多くなかったけど、だからこそ席も近く、結構気軽に質問できる雰囲気で、より上田市長が近い存在に感じました。
二時間でしたが、初めと最後の挨拶以外は、ほとんど参加者の質問・意見&上田市長の回答の時間にあてていました。
人数がやや少なめだったにもかかわらず、質問が途切れることはありませんでした。
上田市長が、質問をしっかりと聞いてくれて、ていねいでしっかりとした回答をされているのを聞くと、自分も質問してみたくなる気持ちが湧いてくる感じがしました。
みなさんもそうだったのではないかと思います。
また、前の質問に関連した質問をされる方もいました。

上田市長は、どの質問や意見にも真剣に答えてくれていました。
そして、質問者の質問や意見を聞いて、市長自らメモもとられていました。
質問者に対して、上田市長が「それはとても重要な問題だと思うので、ぜひいい案があれば教えてください」と、逆に意見を求めたりもしていました。
市民の視点に立てる人だと思いました。
札幌や市民、そして社会のことをとても真剣に考えてくれている人だと感じました。
ゴミ問題などの環境問題への視点も、市民の意識を重視して進めようとしていたり、
子どもを大切にするまちにするための具体的な案もいろいろと述べていました。

行政と、市民の溝(ギャップ)についてはどう考えているか、という質問に対しても、信頼される市役所になり、行政と地域市民の連携を大事にすることが重要とおっしゃっていました。都市区画に関しても両方の意見を聞いてより分かりやすい冊子をつくったりなどもされたそうで、他にもいろんな面で、両方の意見を聞いたりしてギャップを埋めようと努力されているようでした。
また、市役所職員の声を聞いたり、今回のように、いろんな区を回って市民の声をよく聞いたりされているそうです。
両方の意見を聞くことによりギャップを埋める努力をされているようでした。
よりよいと思う意見を参考にとりいれたりされているそうです。
でも実際自分は社会との溝を感じているという若者に対して、「市のいろんなセンターに行ってみたり、仲間をつくったりして、その仲間と、遊ぶのも結構だと思いますが「なにかできること」をさがしたりするといいんじゃないでしょうか?」とおっしゃっていました。

リーダーシップをとる上で、重要な点は?との質問には、市民に選ばれたからには選挙のときの公約をまもろうとがんばるのがリーダーシップで重要ということをおっしゃっていました。
また、市民が求めている仕事かどうかとか、いろんな方の意見を取り入れてよりよい意見を判断すること、市の職員にも、(市民にも?)すばらしいサポーターがいっぱいいるから、知らないことは「知らないから教えてください」という、「謙虚さ」を持つことが重要だということでした。なるほど、と思いました。
よりよい判断の基準はやはり市民がいきいきと意見を持ち参加できる内容とのことでした。(たしか。)

他にも市の交通の問題や、ゴミ減量化や子供の権利などの沢山いろんな質問意見に答えてられていたのですが、沢山ありすぎてメモを全部とっていなかったので、省略させていただきます。

最後に、「自分のためだけに能力を使う人は尊敬されません、少しでも社会や人のために能力を使うと尊敬されます」ということと、「社会や公的なことにもっと目をむけることも大事」とおっしゃっていたと思います。
これを聞いた北大生は勉強や研究をする上で、いい意識をもってできるのではないでしょうか。
すぐ実践できることはもちろんのこと、すぐには結びつかなくても延長の上に社会のためになるかもしれない方向で勉強・研究をしていれば、将来きっと人や社会の役に立つのではないかと思います。

北大生ではない私はといえば、すっかりやる気をいただきました。
今回参加して本当によかったと思います。
これからまた、私なりにいろいろと調べたりいろんな講演会に行っていろんな話をきいたりして、ブログで公開したり、他にも、できることをいろいろ探して実践していきたいと思いました。

市民の視点に立って、いろんな人の意見を聞いて、判断して実践する力を持つ、すばらしい市長のいる札幌に住んでいて本当によかったと思いました。
これからも応援していきたいし、機会があればまた、市長の質問会や講演会などに参加したいと思います。

※この記事は、メモや記憶を頼りに書いたため、もし、多少いいまわしなどが違うところがあったらすいません。

上田文雄市長ウェブマガジン http://www.uedafumio.jp/

こちらにも市長の基本姿勢などいろいろ載っています。


ニワトリ人気blogランキングに、登録してみました。
よろしかったらクリックお願いします。

banner_03.gif
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ