2004年11月

サマワ自衛隊派遣延長はなんのため?

小泉首相はなんとしてもサマワ自衛隊派遣延長を一年したがっているらしいですね。
でも、サマワは本当に非戦闘地域なのか、時間をかけて確認するべきだし、着弾だってもう何回も起こってます。首相だって自衛隊の命が危険にさらされているのは分かっているはずです。

そんなにまで、派遣延長をしたがっているのって、本当にイラクのためだけでしょうか?
サマワで自衛隊はアメリカの軍事物資などの支援もしているそうですよね。
小泉首相は、イラクのためというより、「アメリカ」のためにしたいんじゃないでしょうか。(わざわざ書くまでもなく、多くの人はもうお分かりだとは思いますが。)
続きを読む

「九条の会」札幌講演会

11月25日、九条の会」札幌講演会に行ってきました。

開場前からとても沢山人が並んでいておどろきました。
1600人の会場になんと4000人位の人が来たということでした。
席が足りないため立ち見の人や、会場に入れないためロビーのテレビ中継で見る人たちも沢山いて、あきらめて帰る人などもいたようです。

とても沢山の人たちが来たのを見て、市民の間にも憲法や「九条の会」に関心が高まっているのを感じ、うれしく思いました。
しかし、こんなに沢山の人が来たのにほとんどの新聞で報道されなかったようです。なぜなのでしょう?

憲法研究者 奥平康弘さん、作家 小田実さん、評論家 鶴見俊輔さんの講演を聞きました。とてもためになりました。
私のメモを頼りにお話されたことを少しご紹介します。(言い回しは多少違う部分があると思いますがご了承ください)

<奥平康弘氏>

よく「現実に適応すべきように憲法改正する」という案があるが、「現実」とは、一体何かということをおっしゃっていました。

私たちは「現実」という言葉に振り回されているのではないか。「現実」にあわせるというのは当然という流れができてしまっていルことに対しての危機感などを語っていました。
「敵が攻めてきたらどうする。無防備であるわけにいかないだろう」という意見もあるが、この「仮説」があたかも「現実」のように語られている。

また人々は、現実があるところまで来たときに抵抗を感じ、おかしいと声をあげる人がいたとしても、圧倒的多くの市民は、反対してもしょうがないかと抵抗せずに、受け入れてしまう傾向がある。そうしてあれよあれよという間に決まってしまう
正当化された満州事変や、第二次世界大戦など、そうした流れで起こっていった過去の戦争など、歴史から学びとるべきというようなことをおっしゃっていました。

また、憲法九条をどう生かすか。
国内で活かすためにも、国際的にポジティブに活用しよう、九条を輸出しよう
とおっしゃっていました。そのための予算を国がつけたことはまだ一度もないそうです。

憲法九条は意外にも、海外ではあまり知られていないそうです

フォーオブウォーというマーラー元国防長官が出たドキュメンタリー映画で、監督であるモリス氏が記者会見で、いかに平和は大事か、イラク戦争はいかにおかしかったか、ヒロシマ・ナガサキの原爆はいかにおかしかったかなどを語られたそうです。
そして、「日本には憲法九条があることを知って感動しました」と言っていたそうです。

最後に憲法九条を世界にPRすることを提案されていました。

<小田実氏>

「13の星座の星条旗」と言う映画についてや、原住アメリカ人を殺して支配していったはるか昔から、アメリカにとって戦争は抵抗の道具ではなく「支配」の道具であるということを語っていました。「民主主義」と「自由」の押し付けであるということ。
日本憲法は、「民主主義」+「平和」なので、世界に大きな意味をもつ。
前文は「世界平和宣言」の原理であり、非常に重要。具体化したものが九条
である。
だから前文も変えるべきではない。

最後に憲法九条は、日本のためだけでなく、世界に広がる可能性がある。アジアの平和のためにも世界の未来のためにも。とおっしゃっていました。

<鶴見俊輔氏>

九条は誰が作ったかというので混沌としているが、誰が作ったかが問題なのではなく、マッカーサーが作ったにせよ、幣原喜重郎が作ったにせよ、大事なのは両方が同意し賛成したということですよねとおっしゃっていました。

アメリカが日本に原爆を2つ落としたことについて、なぜ2つも落としてしまったのか。アメリカ兵の損害を少なくするというのはうそで、ソ連を脅かしたいというのと、議会から金をすごくとったから使った、という理由ということでした。
これらのことをアメリカの教科書は教えていません。


個人も国家も強い力を持っていればいるほど、抑制力がものすごく必要。
しかし個人より国家の方があさましいともおっしゃっていました。

憲法を守ることは一人になってもしていきたいとおっしゃっていました。

ニワトリ人気blogランキングに、
よろしかったらクリック1票お願いします。

人気blogランキング このブログに一票!
続きを読む

殺害削除要請のニュースについての疑問と「死の壁」

イラク邦人殺害 香田さん遺体画像の削除要請--東京法務局(毎日新聞)
(引用)イラクでイスラム過激派の人質となり殺害された香田証生さん(24)の遺体の画像がインターネット上の掲示板に掲載され、東京法務局は4日、掲示板の管理者に削除を要請した。

香田さんの殺害映像を載せている掲示板に対する削除要請のニュース記事をみたとき、
香田さんのご遺族や亡くなったご本人の気持ちを察したら当然かもしれないと思った。

でもなにか引っかかった。
そして、後で一つ疑問に思ったことがある。
このニュース記事には、香田さんのご遺族の要望でとはどこにも書いていなかったことに気づいておや?と思った。

なので、ご遺族に実際に映像削除についてどう思っているか聞いてみないと分からない。
しかし、ご遺族は立場上、本心のすべては言えないような感じもする。

香田さん本人には、今となっては聞くことができない。
自分が殺害されるシーンは見られたくないかもしれない。
でも、もしかしたら、香田さんは、イラクで殺害されてしまった事実に、イラクで起こっていることに、多くの日本人に目を向けてもらいのではないだろうか?
しかし、今となっては分からない。

一番この殺害映像を日本の人たちに見られたくないのは、
早くこの事件のことを忘れてほしいのは誰なのだろうか?

続きを読む

帰ってきました

旅から帰ってきました。
でもまた風邪をこじらせてしまったので、もうちょっとお休みします。(・・;
休んでばかりでスイマセン…。

旅中、沢山カウントがあったみたいでうれしかったです。
見に来てくださったかたありがとうございます!
トラックバックくださったかたもありがとうございます!
とても励みになります。

治ったらブログ更新&トラバをぼちぼちしていきたいです。
マイペースなうえに、文章も考えもまとまりのないブログで恐縮ですが
これからもよろしくお願いします。

行って来ます&ふと思ったこと

それでは行ってまいります。

ところで、また香田さんの事件に関して思ったことですが、

すぐに決断せずに、もう少し冷静に状況を判断し、内部でよく話し合ったりしてから交渉していれば、もしかしたら香田さんの命は助かったかもしれない。
はっきりとはわからないけど、もし違う首相だったらもう少し、状況は変わっていたかもしれない…。
そう思うと、残念でなりません。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ