2004年06月

小泉レイプ疑惑についての国会審議

 小泉純一郎婦女暴行事件による損害賠償請求裁判というページを見て驚きました。しかも公判は2004年6月15日東京地裁とのこと。つい最近です。

 まだ「疑惑」ではあるのでしょうが、この事件について国会でも審議されたようです。

参議院インターネット審議中継

2004年6月14日 (平野貞夫(民主)をクリック。)小泉首相本人登場。疑惑について本人は否定しています。

2004年6月10日 (齋藤勁(民主)をクリック。)こちらは小泉首相は出ません。 

WEB雑誌『憎まれ愚痴』/『亜空間通信』 番外より)

 国会では審議されているのに、今のところ私はテレビや新聞で見ていません。報道していないのでしょうか?
 週刊誌や雑誌でも、あまり(ほとんど)大きくとり立たされていないようです。(FLASHには書かれたようです。くわしくはこちら
 国会審議されても、プライバシーに関することは報道されないのでしょうか?
 でも、国会審議の内容は、私たち国民には見る権利があるのだから、報道してもいいと思うのですが。

民主党 岡田克也党首の魅力

 私は以前、テレビ(たしかイラク自衛隊派遣関連)で、民主党の岡田克也党首が、反対意見をしっかりとした説明を交えて述べている場面を見たことがあります。
 ちょっと内容は忘れてしまいましたが、聞いた当時すごく納得いく話で、「すごいなーこの人!」と思いました。

 毎日新聞 近聞遠見「岡田克也の隠れた一面」の記事に、コソボ空爆で大量の難民が出たときに、民主党の藤田国際局長から、コソボに支援に行こうという提案があり、誰も手をあげなかったが、岡田氏だけが自ら名乗り出て、藤田氏と二人で支援に行ったというエピソードがあります。
 岡田氏は「数ヵ月後に必ずまた来ます」と言って本当に行ったそうです。今度は岡田氏一人で、しかも自腹で。

 同記事に、<(岡田が)幹事長時代、落選議員の地元をたんねんに訪ね歩き、激励したことがあった。>とも書かれています。

 昨日のブログにも少し書きましたが、小泉首相との、平成16年6月2日の衆議院国会答弁で、カンペを見ずに、小泉首相に堂々と、しっかりした口調で発言されていました。しかも、とても筋の通った説明でした。
またイラクについても命を重んじる血の通った発言にとても心をうたれました。
 岡田党首ならばきっと国民の意見もきいてくれることでしょう。

 迫力ある岡田の発言で、この国会答弁は見ていて引き込まれる気がしました。(あの小泉首相の人生いろいろ発言のあった日です)
ぜひムービーで見ることをオススメします。↓
衆議院ネットビデオ(岡田克也(民主党 ・ 無所属クラブ)をクリック)

 民主党は、いい面も、やや疑問視する面もありますが、上に立つ人がこれだけしっかりしていれば、安心できる気がします。
 これからの岡田党首の活躍も楽しみです。

参議院選挙に行きましょう

 7月11日(日)は選挙ですね。
 もう期日前投票・不在者投票はできるようです。

 私は、絶対選挙に行きます。
 これからの将来を今の政権に任せるのは、はっきりいってとても怖いです。
 せめて、今回の参議院選挙でまず変わってもらえたらと思います。結果はどうなるかわからないけど、行かないよりは行ったほうが後悔がありません。

 今の首相の言動も怖かったことがかなり多いです。(一例として前回のブログです
 今回は、参議院選挙なのですが、ただの選挙ではありません。
 ごぞんじかもしれませんが、自民党が51議席を下回ったらなんと「小泉退陣」とのこと!
 もし今の首相に不満があるかた、これはチャンスです!(と思ってたのですが、小泉首相:
参院選「51議席未満」でも退陣せず
(毎日新聞 2004年6月30日朝刊)とのことです。)

 どこの政党も好きじゃないし、選挙に行くのは面倒だから行かないという皆様。お気持ちはわかります。
ただ、「とくに」嫌いな政党はありませんか?
「とりあえず」それ以外の、「ちょっと気になってる党」に入れてみるのはいかがでしょうか?
納得いかないところはどの党にだってあります。でも、もしあなたが「とくに」嫌いな党以外に票を入れることによって、「とくに」嫌いな政党はちょっと痛いと思います。(嫌いな党のなかにもいいと思える議員がいる場合もあるから一概にはいえないのかもしれませんが…。)

 また、もし嫌いな政党が与党の場合、選挙を棄権してしまうとその嫌いな与党が得をするそうです。(白紙投票も同じ。)無関心党HPより)

 政治は自分と関係ないから選挙に行かない、という場合、このまま行くと大いにあったんだとあとで痛感することにもなりかねません。
 ご存知かとは思いますが、身近な問題だと、このまえの自民・公明の「年金強行採決」です。これで決まったのは、年金支払額が13,300円から16,600円くらいに値上がりして、さらに老後に受け取る額が下がるそうです。こんなやりかたでは年金不信も高まるし、国民の未納も増えてしまうのではないでしょうか。この年金強行採決を白紙に戻すかぎも今回の選挙には含まれています。
 問題は年金以外にも、もっと他にも沢山あるけれど、それはまた今度書けたら書きます。

 とにかく、一人でも多くの人が選挙に足を運んでくださることを心から願っています!
 日本を変えられるのは国民だけです。

イラク人虐待とイラク戦争の正当性 <後編>

 このような事件が起こっても、日本政府は、なにも文句を言わずに、アメリカを、相変わらず支持しています。ちょっとおかしくはないでしょうか。しかも自衛隊はイラクで復興支援ののほかに、米兵の後方支援もしています。

 イラク人虐待・虐殺事件が明るみになった後の平成16年06月02日の衆議院国会答弁のなかで、
民主党の岡田克也党首が、自民党の小泉純一郎首相に、今改めてアメリカの戦争をいちはやく支持したことについてどうお考えか、と言う質問をしたところ、小泉首相は「今でも支持したことは正当性があったと思っております。
 国連決議にのっとって私はあのイラクの戦争を支持いたしました。
(略)」と言いました。
えっと思いました。国連は査察を続けると言っていたはずです。
続きを読む

イラク人虐待とイラク戦争の正当性 <前編>

イラク人虐待をアメリカ軍が行っていたこと、とてもショックでした。

 虐待されて死んだイラク人の前で笑ってポーズをとっているアメリカ女兵士の写真を見ました。
刑務所で裸にされ、犬をけしかけられているイラク人の写真を見ました。
他にも、裸のイラク人男性の首に紐をつないだ虐待写真もあると記事で読みました。
イラク人少女が裸にされて殴られていたという記事もあります。
なぜ少女までもがこんな目に合わされなくてはならないのでしょうか。

ニワトリ人気blogランキングに、
よろしかったらクリック1票お願いします。

人気blogランキング このブログに一票!
続きを読む
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ